男が欲しい、不倫やナンパ後腐れなく男性が欲しい

男が欲しい、不倫やナンパ後腐れなく男性が欲しい

セックスレス おちんちん 舐めたい。

「男、欲しい」
思わず、一人で口にしてしまう夜はありませんか?
女友達にメールをうつ。返事がない。いつも、5分以内には返信が来る女友達に男が出来たことを知った日には更に男が恋しくなるものです。
置いてけぼりにされたわけでもなく、無償に寂しくなる。
「やっぱり男が欲しい」

男が欲しい女性のために、無償で男を紹介してくれる

人肌が恋しい時に、一人でネオン街を歩けば、そこそこ声もかけられる。
だけど、そんな男性は、いつも声をかけているに違いない。
男が欲しいけれど、病気や妊娠の心配はしたくない。
リスクがあるのは覚悟だけれど、あとあと面倒くさいのだけはごめんだ。
いい男には妻がいる。不倫によるごたごたも面倒くさい。
男に風俗があるように女にも風俗があれば良いとおもう。
そういう文化が根付いているならば、こんなにも悩みはしないだろう。
かといって、高いお金を支払ってまでも、男に抱かれたいとは思わない。
女として、どれほどの値打ちがあるものか男に抱かれてみて知ることもあるからだ。

自問自答する。
「本当に男が欲しいの?」
「チョー欲しい。細かいことを言わないから、背後からガバッと襲ってくれる元気のいいのがいい」
「ぴちぴちの若い男が御所望?」
「それもいいけれど、ねちねちとした中年男性もいいかしら」
「セックスが御所望ですか?」
「セックスが上手な男性であれば、高望みはしないわ」
「無償で男を紹介してくれるサイトがあります。希望されますか?」
「ぜひ、お願いしたいわ」

乾いた花弁にセックスレス、潤う花弁にはセックスが効果的

彼氏が欲しいと言う言葉ではなくて「男が欲しい」という表現は
潜在意識の中でセックスに対する欲求の現われらしい。
言われてみれば、最近いらいらしていた。
男にクンニをしてもらった時に、頭から突き走る快感に酔った。
恥ずかしさと、気持ちよさが交差して、生きている実感を得た。
久しぶりのオーガズムはオナニーでは味わえない快感であった。

エッチをすると新しい下着を買いたくなった。

スーパーなどで購入した下着だった。
ゴムが伸びていたり、糸がほつれていたりしていても気にはならなかった。
久しぶりにセックスをしたことで、そのような下着を身に着けていたことが恥ずかしくなった。
不思議なもので、セクシーな下着を物色していた。
男に見られることを前提にした下着を選んでいる自分がいたのである。
思春期に行動した記憶が蘇った。
いい香りのするシャンプーにボディソープ。
男がすきそうな洋服に、靴を買いたいと思った。
男に気に入れられたいと思った。
メスとしての本能が蘇る感覚だった

へたなマッサージよりもセックスが癒される。

中途半端じゃ駄目。
やっぱりオーガズムを得られるセックスでなければ駄目。
もう勘弁してと言うくらい、逝かされたい。
汗だくになるほどセックスがしたい。
動物のようにむさぼりあいたい。
そして、疲れたら、そのまま眠りについて、目覚めたら無言で再びセックスをされたい。
こんな私、相当ストレスがたまっているのかもしれない。
これほどたまる前に、適度なセックスがしたい。
「やっぱり男が欲しい」

セックスで満たされると気持ちが落ち着くものだ。
男が欲しいと言うことはセックスをしたくなると直結していたが、ある程度満たされると違ってくる。
男が欲しいと言っても、別にセックスがしたいわけではなくて、常に私のそばにいる存在が大事になってくる。
できるならば、私を必要としてくれる。愛してくれる。そんな存在が大事なんだ。
そのような男がいないから、ある日、ある時に無性にセックスがしたくなるのだ。
そういう時はここで男を紹介してもらうのだ。
だって、ただだし、妊娠や病気の心配もない。あとから連絡が来ることもない。
こちらがしたいときだけ、してくれる。
面倒くさくないところがいい。
しかもエッチが上手だから、必ずオーガズムにまで逝けるのがメリットだ。


悩んでいても、悪戯に時間が過ぎるだけで悩みがやまない。
本当に助けてもらいたい貴女の心を大事にします。
相談内容はすべて秘密厳守ですから安心です。
セックスレスによる離婚問題
↑↑↑↑↑
セックスレスを解消するために申し込む。

sexless
セックスレスを解消した体験談

おんなだってエッチがしたい
セックスレス

トップページへもどる
抱かれたい

Copyright(c) 2006 〜 2010 セックスレス解決隊.  All rights reserved.