一人の男に満足できない。不倫妻の悪い癖。

女だってセックスがしたい

恋愛しないセックスが、人妻の性欲をありのままに炙り出す。

榊原裕子さん(仮名)29歳 結婚歴3年 子供なし
旦那30歳 一部上場企業 商社営業


出会い系サイトにハマりにハマり、100人斬り!

夫とのセックスは月間1、2回ありました。
でも、その一回が挿入して直ぐに終わるエッチです。
彼は射精して満足。
でも私は取り残された気分でした。
独り悶々として中半端なセックスに対して欲求が収まらず眠れない。
シャワーを浴びるふりをして自分で慰める事が多くなりました。
だけど、それも限界になるときがありました。
やっぱり抱きしめられたい。
むなしいセックスは義務で、つきあわされている感じが大変な負担に感じるようになりました。
夫でなくてもいい。
誰かに女として抱いてもらいたい。
 勇気を出して出会い系サイトを利用しました。
驚くほどのメールが届きました。
いざ会うとなると、今まで忘れていたときめき感が蘇りました。
口説かれる。
セックスを求められる。
女を取り戻すのに時間はかかりませんでした。
そして、次第にのめりこんでしまい、気がつけば百人は超えていました。
割り切った男がこれほど多くいるのに驚きましたが、あまりにも多くの男とセックスをしてしまった事実を振り返ることで、罪悪感に悩まされました。
セックスはスポーツだと割り切ってしていた時はいいのですが、出会う男も同じように不特定多数の女とセックスをしている。
いつ、性病をもらってもおかしくない環境でいる事に気がつきました。
冷え切った夫婦関係を断ち切る理由として、今の旦那と清算する方法もありますが、今の生活を捨てる勇気まではありません。
そして、出会い系でセックスを楽しむ見返りに、感染症を患うことで離婚になる原因を自ら旦那に提供してしまう不安になりました。
▼セックスレスによる夫婦の離婚はよくあるケースです。
ご主人が女性を他に作っている事はよく聞く話しですが、妻が出会い系による浮気というのは第三者が聞いた場合、心証はよくありません。
確かに、早く見切りをつけたほうがよいでしょう。
身元がわからないし、感染症のほか事件に巻き込まれてもおかしくない環境を自ら作り出しています。
こういう問題は夫婦間で、セックスの話題をそらさずに正直に向き合って話し合うべきです。
また第三者を交えた話し合いも効果があります。
第三者は信頼の出来る友達、カウンセラー、親、親戚いろいろと夫婦の代弁者になれるほど親近感のある人がよいでしょう。
今回のケースでは、出会い系サイトでの男性よりも当サイトのセックスレス解決隊へ矛先を向けられました。
病気の心配がない。
身元がしっかりは手いる。
秘密が守られる。
[ 解決隊に依頼する ]

サービス料  2〜4時間程度 無料

(ただし、ホテル等の場所代、交通費は実費ご負担ください。)

〔待ち合わせについて〕

待ち合わせは主要な駅の交番前等、わかりやすいところがメインです。

待ち合わせ当日は、2時間前くらいまでに服装や目印になる物やその色をメールにてお知らせ下さい。

当日はお互い携帯からのメールでやり取りを致します。

〔キャンセルについて〕

お申し込み後のキャンセルは自由ですが、その際は必ずメールで連絡をください。

待ち合わせは、主要な駅の交番前をメインとし、会う前でも会ってからでもキャンセルは可能です。またその際、費用は一切発生いたしませんし、 余計なご心配も無用ですからご安心ください。

セックスレス奉仕隊へのお願い

sexless

セックスレスを解消





女だってセックスがしたい
トップページへもどる
抱かれたい

Copyright(c)2006 〜 2017セックスレス解決隊.  All rights reserved.