おとこが欲しい

他人の視線が気になっしまう

女だってセックスがしたい
健康な人間は「肉体」と「精神」から成り立っている。
そのどちらかが欠如してしまうと健康とはいえなくなる。
日本は島国である。一夫一妻の婚姻制度がある。
男性は家庭外でのセックスを耳にしても女性の性は閉じ込められている。 許されない暗黙の圧力があるからである。 最愛の男性と性の楽しみを分かち合えないなら、別の相手を探し出せば いいだけの話である。
しかし、そうすることがイコール離婚であり、別 れであると決め付けてしまう。結婚している場合、夫の経済力を頼りに し、保守的な社会規範に縛られているから、男性のように自由に出来な いうしろめたさが生じることから真面目な女性ほど誰にも言えず我慢を している。 かといって、そんなにセックスがしたいのなら大人の玩具などを使用し て、オナニーをすればいいではないかという問題でもない。

 セックスは人のぬくもり、あたたかさ、抱擁、愛撫、言葉、表情に声、 視線、快感と感じるもの全てであり、これを完全に代用できるものはない。

 人でなければならない。 女性にとってエッチはまだ恥ずかしいものであり、大声を上げて語るも のではない。
  セックスしたいのにそれが出来ない。いえない。
 淫乱な女だと思われたくない。
 病院へ行っても精神科を紹介されて抗うつ剤を処方される。
 誰 としてセックスのパートナー(男性)に対して精力剤を処方する事はない。  
 誰も理解してくれない。 
 眠れなくなる。
 必要とされていないと思う。
 彼 にとっていてもいなくてもよい存在なのだと考えるようになると悲しく て涙が止まらない。
 彼の気を惹くために自傷をしたり、心配をかけるよ うな言動を繰り返す自分が嫌になり、生きている事が辛く感じるように なる。

 そこまでして、我慢して彼に対して尽くしてきたにもかかわらず 未だに解決できないのであれば、他の相手を探すしかありません。
 今の彼と別れる必要はありません。 精神的に現在の彼と満足しているのであれば、欠如している肉体的な問 題点を他で解決すればいいだけの話です。


 草木のない砂漠を一人でさ迷い歩いて、やっとたどり着いたオアシスも 蜃気楼で、喉が焼けるような痛さにもめげないで、さ迷い続けてきたの です。ここでいっぱいの水を補給する事が生きていく上で大変重要な事 なのです。 そこで想像してください。 食べ物や飲み水は最愛の人からしか貰ってはいけない風習がある国があ ります。それは先祖代々守られてきた決まりです。たとえば他人から施 しをうけたり、食事をご馳走になったとしたらふしだらな人だと罵られ てしまう国です。そんな国で育ったカップルが旅に出ました。男性は女 性に食べ物は与えても水は与えませんでした。女性は男性から水を与え られるまで待ち続けました。待ち続けているうちに体調が崩れ始めまし た。それでも水はさずけられませんでした。 そこに通りすがりの男性がみかねて水をさしだしました。女性はその水 を飲んだことによって生気が蘇りました。 そして、男性は女性に言いました。僕が水を上げた事は黙っていたほう がよいよ、彼と別れるのであれば構わないが、この国では他人から貰っ たものを口にすると不倫だとか浮気だといわれてののしられてしまう。 与えなかったものにはなんのおとがめもないのだから、よく我慢をして いられたね。それだけで十分じゃないか、というと男は立ち去っていき ました。その男の国では自由に飲食が出来る国でした。国によって価値 観が違います。ほどこしを受けた女性は、彼との関係を維持するために も誰にも言いませんでした。


 最愛の男性がセックスをしてくれないのだから、しかたありません。 ひとりで自慰をすればいいものではありません。 必要とされたい、何かが感じ取られるものでなければなりません。 ここで浮気や不倫といった倫理観に束縛されるようであれば引き返せます。
  そんな言葉や慰めよりも、いっぱいの水が必要とされている女性のためのサイトなのです。
  薬の説明書を読んでも治りません。
  薬を飲んではじめて治るものです。

    あたたかい抱擁を貴女に提供いたします。
セックスレス問題の解決



セックスレス奉仕隊へのお願い
女だってエッチがしたい


おんなだってエッチがしたい トップページへもどる
セックスレスによる離婚問題

Copyright(c) 2006 〜 2017 セックスレス解決隊.  All rights reserved.