癒しの奉仕(ボランティア)|セックスレス|パートナー紹介

おとこが欲しい

セックスレス|パートナー紹介

近年では「40代夫婦の6割がセックスレス」という統計結果が出ているほど珍しくない事態が生じている。 対象となる40代女性にとっては身近でマジメな問題だが、このような話題について、大きな声で議論できないものである。 女性としての恥じらいがあるからである。 それ以前の30代からセックスレスにおよぶ傾向が現れている。 男と女が、幸せな家庭を築くのにセックスが必要であるはずが、子供が出来た頃をきっかけ(家庭環境の影響)にセックスレスへ突入することが多い。 一度セックスレス期にはいると修復するのには、なかなか難しいようだ。

女性側の声として、「子供が大きくなって、セックス(SEX)をするチャンスがなくなった」「女として見られていないのかと感じてしまう」「わたしから『したい』と言えない」といった生々しい切実なる声が聞こえる。 女性とすれば生理の時期は「したくないとき」であり、何度か断わられてしまうと男性側から誘うことに消極的になる傾向があるようだ。

加齢が伴い男性の勃起障害(ED)がある夫婦となれば、さらに深刻である。 勃起しなくなったことを妻に告げられない。勃起しなくなったことを確かめられない妻は、本当に勃起しないのであれば傷つくと思って聞くに聞けない。 触れることすら出来ない。このようなことから、当然セックスレスに成っても不思議ではない。 女性では「したくない」「感じない」「痛い」といった女性性機能障害(FSD)の実態が浮き上がる。

子供が自立してから、夫婦間のコミュニケーションでセックスレスを解決した実例も多い。 いつもと違う環境になったことがセックスレスが解消されたきっかけにもなっている。

しかしながら、女性のセックスの悩みは、なかなか他人に相談できないものである。 パートナーとの精神的なつながりや今後の人生全体にかかわるものであり、深刻化すれば「うつ」などの「心の病」におよぶかもしれません。 ここでは、本来のパートナーとは別に『セックスレスで悩んでいる女性』を対象に潤いを与えるサポーターを無償で紹介しております。

紹介するセックスレスサポーターは全員ボランティア(癒しの奉仕)です。 セックスレスボランティア(奉仕)活動は、古典的な定義では自発(自主)性、無償(無給)性、利他(社会、公共、公益)性に基づく活動とされる。 ボランティア(奉仕)サポーターは、報酬を求めず、他の見返りを要求することもなく、無私の労働を行う。 よって、利用される女性が金銭の負担がかかることがありません。 秘密厳守によって、最後までボランティア(奉仕)サポーターが面倒を見ます。 サポート終了後にこちらがわのスタッフおよび関係者から連絡をするようなことはありません。 当然ながら、ボランティア(奉仕)サポーターからの連絡もありません。 安心して、その場限りのサポートを受けることが出来ます。

無償でセックスレスサポーター(パートナー)を紹介いたします。

セックスレス奉仕隊へのお願い

セックスレス

オトコに抱かれたい

トップページへもどる


直線上に配置

Copyright(c) 2006 〜 セックスレス解決隊.  All rights reserved.