セックスレス問題の解決

女だってセックスがしたい

セックスレスへの対策

夫婦の場合、セックスレスの原因は何かを此処にたどり着くまでに色々とお考えになられたことでしょう。
「面倒くさい」「仕事や育児で疲れている」「他に楽しいことがある」「浮気相手がいる」「出産後なんとなく」「男女というより家族になって」「住宅事情」「相性が悪い」「いつでもできると思ったらしなくなってしまった」など、「どちらからともなく」セックスレスになってしまった夫婦は、本当はどちらかがそのことを不満に思っているのに、「今更口に出せない」、「それについては禁句状態」というケースが多いようです。そんなカップルは、そのまま放っておいてはいけません。時間が経てば経つほど、溝は深くなってしまい現在に至る女性も多いはずです。

「話し合おう」、なんて言わず、夫婦なのですから、一緒にベッドに入ればいいのですが、すんなりことがおよばないからここに来たのであり、ここでは事後対策を練るために話を進めていきます。

エッチをしたいけれど、夫が居るのに「浮気」にならないか。
この一線が、真面目な女性の方々を迷わせている原因でもあります。
宗教的な決まりごと、親のしつけ、職業上の規則なども同様です。

セックスレス問題解決策の要点だけを簡単にあげてみましょう。

○カウンセリングを受けに行く。(精神面の解決)
 先生の数だけ、意見があると思ってください。
 要するに自分の抱えた問題を解決する方法を多数知ることで、問題を解決できる糸口に繋がるからです。そして、自分と同じように悩んでいる女性を知ることで、心強くなるものです。

○エッチをする。(肉体面の解決)
 女性自身を解放したい欲求はごく自然の事ですし、異性の肌に触れ、触れられる喜びはとても大切な事です。
 「友人の男性と不倫関係に」「出会い系サイトで寂しさを紛らわす」そして「出張ホストを呼ぶ」なども解決策の一つの選ばれる方もおりますが、その結果、「相手に本気になられては困る」「旦那さんにバレては困る」「家庭を壊したくない」という所に理由があげられます。また、若くて格好のいい男の子相手だと、単にセックスレスを解消するための目的だったのが、いつのまにか夫よりも若い子に走るようになってしまってはいけません。家庭崩壊の序章です。
 玩具を使用して、自慰行為で満足する方法も選択肢の一つですが、やはり人肌に触れ、優しい言葉に触れられる事が、眠っていた女性を呼び起こす起因に成るのではないでしょうか?

当サイトではセックスレス問題解決隊(セックスボランティア)を用意しました。
女性の事情を理解して、秘密厳守は勿論のこと厳選なる審査の上、採用されています。
非営利によるものですから、出張ホストのような費用は一切かかりません。

隊員の審査基準は基本的に大人の男性(心身ともに)でなければなりません。
必ずしも美形である必要もいわゆるイケメンである必要もありません。
しかし最低限相手の女性に不快感を与えるような容姿や身だしなみについてはその適正資格を問われる部分です。さらに、声や話し方、所作なども含めて資格認定の判断基準のひとつとなります。

奉仕隊員はあくまでも相手の女性に奉仕することによって女性の心も身体も癒すために存在します。
その目的のためには自らの欲望をもコントロールする事が可能な強い意志と、どのような相手に対しても男性としての能力を発揮することが出来る「ちから」を必要とされる存在です。

性的な能力について自信があることは当然必要なことです。その自信はどういう事から来るものなのかを考えてみて下さい。
回数、テクニック、持続時間、というフィジカルなものは確かに必要条件です。
さらにその上でのメンタルなものを含めて自己中心的なものでなく、相手に対しての思いやり、愛情(擬似的なものでも)によって支えられたもの、言ってみればそれだけで相手の女性をイカせられるぐらいの心がけが望まれます。

セックスレス問題解決隊は、性のエリートです。
体力も気力も技術も、そしてこころの力が求められる存在でなくてはなりません。妻は勿論、愛人でも恋人でもあなたがきちんと向かい会うことで満足させられる。その上で悩んでいる女性を救ってあげることが出来る。そういう存在なのです。

「性はとても深刻でまじめな問題なのに、そう受け取られないもどかしさ」を
 感じた事はありませんか?

もう、一人で悩む事はありません。
メールからご相談下さい。


セックスレス問題解決隊へ相談
女だってエッチがしたい
 セックスレス解決実例

おんなだってエッチがしたいトップページへもどる

セックスレスによる離婚問題

Copyright(c) 2006 〜 2017セックスレス解決隊.  All rights reserved.